忍者ブログ
Admin / Write / Res
作曲家 綿引浩太郎のブログです。演奏会向けの作品の作曲・編曲から、映画・舞台の為の作曲(音楽制作)まで、様々な仕事をしています。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
  2019年5月3日、JR東日本-東京駅 KITTE前地下広場

ラフォルジュルネのエリアコンサートでのトリオいろどり演奏会、無事に終了いたしました。
大変多くのお客様にお集まりいただきまして、心より御礼申し上げます。

トリオいろどり様には編曲などで関わらせて頂き、昨年9月に楽譜が発売になった編曲作品「きらきら星変奏曲のパラフレーズ」の委嘱をしてくださったりなど様々にお世話になっております。

さて、今回は一曲目に「きらきら星」を演奏して頂きました。編曲者としてご紹介頂き、ステージで一言お話もさせて頂きました。更に、四季メドレーの一部として、以前編曲させて頂いた春の童謡メドレーを抜粋で演奏頂きました。

演奏会後に、写真を撮りました。出演者の皆様と記念写真を撮らせていただきました。素晴らしい演奏をしてくださったトリオいろどり(オーボエ 石神智子様、クラリネット 飯田真弓様、ファゴット 垣内紀子様)に感謝です。
応援に駆けつけてくれた友人のピアニスト吉澤稔君とも(8月に新曲のピアノ連弾で共演予定です)。

PR
4月6日(月)、ドルチェ楽器東京アーティストサロン“Dolce”

フルート・ファゴット・ギターによる有機三重奏トリオーガニックの4回目の演奏会が開催されました。ご来場ありがとうございました。

この演奏グループ"triorganic"には大変お世話になっておりまして、以前、作曲依頼を頂き「BREAK THROUGH」という作品を書かせて頂き、楽譜も出版させて頂きました。今回の演奏会では新たに編曲をさせて頂きました。


①クロード・ル・ジュヌのシャンソン集「春」より『また春がきた』を編曲。
 原曲は5声の合唱曲、夏田昌和先生のvn.cl.cell.pf.編曲版を、fl.fg.gtr.に再編曲(初演)。

②アストル・ピアソラの『鮫』をfg.fl.gtr.に編曲(初演)。
 原曲はピアノ、バンドネオン、ヴァイオリン、ギター、コントラバス、の5重奏。
 ファゴット奏者の宮崎寿理様から直々に御依頼頂き、ファゴットを主役に編曲いたしました。

③オリジナル作品『BREAK THROUGH』を再演。

④アンコールで更に「鮫」に因んだ映画音楽を1曲編曲(初演)。

と、なんと4曲も演奏して頂き、大変嬉しい演奏会となりました。どれも違うテイストの曲なので、全然違う雰囲気を味わっていただけたのではないかと思います。

さて、次の演奏会に向けて、また様々な楽曲の勉強をしなくては。フルートソロは沢山書いているのですが、ファゴットソロとギターソロは一曲も書いた事が無いので、勉強してゼッタイに1曲は書く!(少なくとも1曲は必ず・・・)と思っております。

演奏会後に、演奏者の皆様と記念撮影いたしました。素晴らしい演奏をしてくださった、"triorganic"(フルートの鈴木舞様、ファゴットの宮崎寿理様、ギターの薮田建吾様)に感謝です。
定期&特別回も含めて、triorganicの演奏会も5回目。毎回コンセプトが凝っていて、チラシも素敵です。スタッフの方が並べてくださっていたので写真に収めてきました。
  
2018年12月20日 カワイ表参道コンサートサロンパウゼ

A7コンサート2018、無事に終了いたしました。
峰村澄子先生の門下生が集まり開催している室内楽の新作演奏会です。
今回の私はフルートソナタを書かせていただきました。4楽章からなる作品で、フルートが主役となることを意識して書いたのですが、途中、突然ピアノが主役にとってかわる瞬間が何か所かございました。演奏会まで短い時間の中、難しいフレーズに挑戦して、演奏頂いたフルートの鈴木舞さんに感謝です。
 
12月9日 渋谷区立松濤美術館

「渋谷区立松濤美術館ミュージアムコンサート」として、トリオいろどりの演奏会が行われました。
トリオいろどり様には編曲などで関わらせて頂き、9月に楽譜が発売になった編曲作品「きらきら星変奏曲のパラフレーズ」の委嘱をしてくださったりなど様々にお世話になっております。

こちらの演奏会では、編曲ではなくオリジナル作品、
”トリオダンシュの為の前奏曲「ショートカット」”  を演奏して頂きました。
大変短い作品で、演奏会の最初に気軽に聴ける曲はどうかな?というアイデアで書いた作品です。
演奏頂いたトリオいろどり〔オーボエの石神智子様、クラリネットの飯田真弓様、ファゴットの垣内紀子様〕に感謝です。

詳しくは演奏頂いた「トリオいろどりのブログ」をごらんください。
https://ameblo.jp/trioirodori/entry-12426331745.html

【 A7コンサート2018 】

日時:2018年12月20日(木) 開場18:00 開演18:30
会場:カワイ表参道コンサートサロン「パウゼ」
料金:一般3,000円 学生2,000円

新作『フルートソナタ第1番』を初演予定 ( 演奏:フルート 鈴木舞 / ピアノ 綿引浩太郎 )

2018年の最後を飾る渾身の作です。ぜひ足をお運び頂けたら幸いです。

チケットのお問い合わせは、こちらのメールアドレスへご連絡ください。
前売り特別価格にて取り置き、当日の受付精算にて御用意させて頂きます。

 【 ミュージアムコンサート 木管三重奏 トリオいろどり 】

日時:2018年12月9日(日) 14:00~15:00
会場:渋谷区立松濤美術館 地下2階ホール
料金:無料(入館料別途)
演奏:トリオいろどり【 石神智子(オーボエ)、飯田真弓(クラリネット)、垣内紀子(ファゴット) 】

※往復はがき、またはメールによる事前申込が必要です(定員80名)、締切は11月26日(月)必着。
詳しくは、松濤美術館の公式サイトをご覧ください。

編曲作品「きらきら星変奏曲トリオダンシュのためのパラフレーズ」を初演してくれた
「トリオいろどり」の演奏会で綿引浩太郎の下記作品を演奏頂く事になりました!

[1] オリジナル作品 トリオダンシュのための前奏曲『ショートカット』
[2] 編曲作品『春の童謡メドレー』より抜粋

ぜひ、美術館のホールで大人向けの木管3重奏をお楽しみくださいませ。

こちらの曲の楽譜はドルチェ楽器新宿店ノナカダブルリードギャラリー(渋谷)で好評販売中です。

【 ウィークエンドコンサート「アンサンブル・レリー 木管三重奏」】

日時:2018年11月17日(土) 15:00~15:45
会場:東京都 夢の島熱帯植物館 イベントホール
料金:無料(入館料別途)
演奏:アンサンブル・レリー
[ 平本祐子(オーボエ)、岩本瑞穂(クラリネット)、牧野裕美(ファゴット)  ]

綿引浩太郎の新作2曲を演奏頂く事になりました!
[1] トリオダンシュのための編曲作品『モーツァルトテーマ選集』(世界初演)
[2] オリジナル作品 トリオダンシュのための前奏曲『ショートカット』(世界初演)

ぜひ、秋の週末、音楽を聴きに植物館へ足をお運び頂けたら幸いです。

こちらの曲の楽譜はドルチェ楽器新宿店ノナカダブルリードギャラリー(渋谷)で好評販売中です。
2018年8月29日 カワイ表参道コンサートサロンパウゼ

「青島広志コンサート&トーク ピアノ連弾の楽しみ2018」に出演してまいりました。
毎年恒例のこちらのイベントですが、私は3回目の参加となりました。
今年も新曲を、ピアノデュオ(連弾)の為の作品『夏の終わりの為の音楽』を演奏しました。
毎年、新曲を書いて今年で3作目、来年の4作目はまた新しい挑戦をしたいと思います。

拙作をともに弾いてくれたピアニスト、大学時代からの友人でもある吉澤稔さんに感謝です!
2年前にも共演してくれましたが、お互いの技術や連弾特有の合わせ方などの見直しを経て、
今回も一夏かけて、丁寧に仕上げて完成度を高めてくれました。様々な意味で暑い夏でした!!

2018年8月26日(日)   軽井沢大賀ホール
軽井沢国際合唱フェスティバル3日目

第4回日本国際合唱作曲コンクールの授賞式&演奏会に出席して第3位を受賞してきました。

私が書いたアカペラ混声4部合唱作品『 TheRainbow (詩:Wordsworth) 』を、
指揮:松下耕、歌:The Metropolitan Chorus of Tokyoの演奏で初演頂きました。

今年の2月頃に書いた作品で「The Child is father of the Man」という1文に心惹かれるものがあり、ワーズワースが書いた「The Rainbow」を短い合唱曲に仕上げました。

なんと、これまでの第3回まで外国人の入賞記録しかなく、日本人初の受賞となりました。
合唱界で飛ぶ鳥を落とす勢いの第2位の首藤さんともご一緒できて光栄でした。

演奏会後に第2位の首藤さんと、同じく第3位のカンパニーニさんと記念撮影をしてきました。
 
 

下記のURLにて授賞式〔&演奏会〕の様子がYouTubeで映像公開されておりますので、ぜひご覧頂けたら幸いです。( 動画の 27分頃 から受賞式が始まります。)

https://youtu.be/GJjNdOHtMrw?t=27m15s
今朝(金曜朝)、来年の春に初演予定の作品が書き上がりました。詳細は申し上げられないのですが、大変有難い貴重な機会を頂きまして、演奏会のための委嘱編曲作品です。今年は様々な編成(演奏家)からご依頼を頂き、バッハ、モーツァルト、ガーシュインと有名な作曲家の定番作品の新しい編成への編曲が続きましたが、今回はとてもマニアック(?)な作曲家の作品を、マニアックな(?)編成のための編曲です。とても珍しい貴重な機会でして、世界でも初挑戦に近く、今回で2番目ぐらい?と思われる響きなので(とても珍しいだけで、聴きやすく分かりやすい作品となってます)、早くお知らせしたいのですが、演奏会のお知らせが届き次第、こちらでもお知らせいたします。
 
さて、今日はこれから新幹線で長野県へ移動して、今週末3日間、音楽祭に参加させて頂き勉強させていただいてきます。良い音楽を沢山聴き、精進したいと思います。

直近の演奏会のお知らせは1つ前の記事にも書きましたが、来週の29日(水)19時~、東京・表参道にあるカワイのコンサートサロンにて、ピアノデュオの新作を初演予定です。お時間ありましたら、ぜひ聴きにいらしてください。
プロフィール
HN:
綿引浩太郎
性別:
男性
職業:
作曲家
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
演奏会向けの作品の作曲・編曲から、
映画・舞台の為の作曲(音楽制作)まで、
様々な仕事をしています。

ご依頼はメールにて承っております。
よろしくお願い申し上げます。
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
バーコード
ブログ内検索
neko時計
カテゴリー
最新コメント
[05/23 NONAME]
[05/19 管理人]
[05/18 匿名希望(ゝω・´★(ゝω・´★)]
[05/06 管理人]
[05/05 名もなき猫]
アクセス解析
忍者アナライズ
Copyright ©   作曲家 綿引浩太郎のブログ All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]